30歳男 学校を変えたことで不登校から回復 後悔の気持ちは強い。

現在は、飲食業で働く30の男です。

自分が不登校になったのは高校生の頃です。
中学のとき周りが受験に息巻いているとき、不思議となーんにもやる気がなかったのです。
しかし、やりたいことがあるわけでもないので、周りと同じ進学の道を選びました。
そこではじめに受験失敗の挫折を味わい、今思えばその時からなにかがおかしくなっていったのかもしれません。
滑り止めに受けていた私立の高校に進学したのもつかの間、通学路の坂道があまりにもしんどく、体力の少ない私にはその坂を毎日自転車で通学するということが苦痛になっていました。
また、行きたくて行った学校ではないが故に授業についていけなくなってきた印象がありました。
進学校だったが故の毎日のような小テストにも付いていけないんではないかと不安がこみ上げてもいました。
入学前の宿題の中から出題されるテストのようなものでそこそこいい成績をとってしまったものだから、自分で勝手にプレッシャーを感じ、やらなきゃいけない、出来て当たり前と周りも思っていると勘違いし、自分を追い詰めていっていたのかもしれません。
結局そのまま学校に行く振りをして公園で時間を潰したりして学校に行かなくなりました。
いつしか、部屋に引きこもるようになり完全な不登校状態になりました。
その状態が1年続きます。
自分でもこのままではいけないと思いつつ、引きこもって好きなことをしているだけの生活の甘さにどっぷり浸かってしまっていました。
どのようにして不登校から脱却したかというと、
私の場合は幸いなことに、通っていた高校の真隣に通信制の高校が存在しました。
親の「高校だけは出ておきなさい!」という説得。
当時は聞く耳も持ちませんでしたが、その親の熱意と、このままではいけないと言う気持ちが合わさって、通信制の高校へと編入しました。
ほとんど単位を取っていなかったので、通信制の高校に3年通うことになります。
その間に出会ったのが今の飲食関係の仕事のバイトでした。
勉強も嫌いだし、大学に行く気も無い。
親の「手に職をつけるのもありだよ」という言葉もあり、そのままそこに就職し正社員として経験を積み、今はまた違う職場で同じ仕事を続けています。

この年になって分かるのが、親の言うことは聞いておいたほうがいいということ。
結果的に高校1年間を無駄にしたこと、あのまま親の言う通り進学校で頑張っていれば、、、。
人生のターニングポイントは数々ありました、今の人生に後悔がないと言えば嘘になります。
今となっては10代という多感な時期を無駄にしてしまったという思いが強いです。

同じ思いの人がいればこれだけは言いたいです。
そのまま動かない選択肢は未来の可能性を狭めると。

今では、最愛の相手にも恵まれ不自由なく生活はできていますが、もっといい生活が出来たかもしれない。
しかし、その人生を送っていれば今の奥さんと出会えたのかな・・・?