28歳女 ポジティブ思考て不登校克服 良い経験だったと思える

中学生時代に不登校を経験して、現在は毎日会社に通っている会社員をしています。
本格的に不登校だったの中学2、3年の時でした。今思い返すと小学生のころから仮病などで不登校の片鱗は見せていたと思います。
女子グループのなんとなく陰湿なやりとりはあったもの、酷いいじめなどもなく、友達も居ました。
ただ小学生のころからずっとおっとりした子、軽度の障害のある子の世話係をさせられ、常々学校が嫌でした。
イベントのグループ割、修学旅行でさえ自分の希望通りにはなりませんでした。
学校が全てのその時期に学校楽しくないのは嫌で、もちろん親や教師にも「なぜみんなは自分がやりたいようにやっているのに、自分だけ意思を無視されるのか」を訴えましたが、親は聞き流すだけでした。
教師に至っては思い通りに行かないことを嘆いている同級生達の前で「一番可哀想なのは思い通りにできないこの子(私)だ」と言いました。
私の訴えを分かっていて「でも仕方ないこと」と宣言されたようで、これをきっかけに不登校になっていったと思います。
不登校になって親が泣いている所も見ましたが、私が泣いて訴えてもスルーしていたので私もスルーしていました。
ただ不登校になってもなんとなく「ひきこもりになるのは嫌!」と思っていて、日中にフラフラ散歩に出たり、「ひきこもりにはならない・日光にあたる・適度に運動する」を守るように生活しました。
勉強も嫌いではなかったのでできる範囲で自分で勉強もしていました。
この生活のおかげで社会人も問題なくこなせていると思っていて、本当に良かったと思います。
親とは相変わらず仲が悪いまま、親の「どうせお前には何もできない」という態度にムカついて、高校2年半ばの頃からはバイトをはじめました。
気持ち的には「学校なんて行かなくてもどうにでもなる」と思い出していて、結局中学は卒業式も出ず、高校大学も単位制・通信制でほぼ学校には行かずに、自習とバイトの生活を続けて社会人までなりました。
今でも別に学校には行かなくても良かったと思っていますが、行かないにしても勉強が嫌いでないなら知識はつけておくのがお勧めです。
また私は不登校中に自傷もしてしまいましたが、やらないにこしたことはないと思います。
そうしなければ今の自分はないので後悔はしていないですが、面倒くさいと感じることは多いです。