常にはみ出し者人生を楽しむ女です

高校1年生の時から1年間、部屋に引きこもりました。
自分の内側に深く入り込み、失ったエネルギーを溜めていきました。
親への反発が強くて、ひどく荒れて、父親への殺意すら抱きました。
母親は、私が引きこもりという自覚がなく、いつも通りに振る舞い続けました。
不登校のきっかけは、些細なことで、自分の見た目をからかわれたことだったと思います。
肩幅が広く、勉強もできる方ではありませんでした。
その上、両親は、不仲で家庭内別居状態で、子供を間に挟んで会話をしていました。
母親は、父親への悪口ばかりを言い続けていました。
さらに、私の楽しみを奪うように、母親も同じ趣味に手を出してきました。自分で父親と向き合わず、被害者の、ように訴えてきました。
不登校前は、ずっと苛立つことばかりで、とても情緒不安定で、疲れやすく、肝心な勉強には全く集中できませんでした。 
学校に行けなくなったのは、何かがぷっつりと切れてしまったのかもしれません。
後悔していることは、高校を選ぶ時に、もっと熟慮した方が良かった。
自分に自信がなく、結果が出る前にチャレンジもせずに諦めてしまった。
普通科は、最も興味がなかった。
手に職を付けることに肝心があった。
選択肢は、そのまま就職でも良かったかもしれない。
当時は、勉強の出来ない人が行くというイメージが強く選べなかった。
周りにどう思われるかは二の次で、本当に自分の進みたい道へ向けて邁進することが、人生を充実させてくれる。
やってからの後悔も大きいかもしれないけど、やらない後悔は、ずっと引きずり続ける。
やってからの後悔ならば、もう一度、チャレンジすれば良い。
自分を卑下せずに、今のレベルの状態を受け入れて、どうすれば、抜け出せるか、必死になることも必要。 
長引けば長引くほど、タイミングを見失う。
やりたくて諦めてしまったことがあれば、現実にするためにできることは何かを探してほしい。
頭の中でぐるぐる回り続けていると思うけど、行動に移さなければ、出口は見えてこない。
ますは、身近な所からできることを実行してほしい。