30歳男、2回不登行不良型・引きこもり「行かなくても卒業してやる」

現在は地方の役所で働く30歳の公務員です。私が不登校だった時期は2回あり、1度目は高校2年~3年の頃。そもそも高校2年生に当たる17歳のときに通っていたのは高等専門学校だったため、授業が単位制でした。もともと理系志望ではなかったので、学業が追いつかず、前期で単位を落とし自然とサボるように。こんな学校通っていても意味がないと思い、3年時には転学し、通信制高校に。しかし今度は、勉強が簡単すぎたため、授業をサボって、テストで稼ぐ。という考え方になり、毎日知人の家でサボるようになりました。2回目は大学2年の秋~4年まで。djやモデル活動をしたりもしました。いろんな希望を描いて東京の大学に進学したものの、東京での自活や人付き合いに疲れ、今度は引きこもるように。就活などするはずもなく、その後は1年就活浪人したのは言うまでもありません。
しかし、いずれの学校も、留年や退学することはぜずに卒業しました。「こんなしょぼい大学、行かなくても卒業してやる」という気持ちだけは忘れずに、友達付き合いだけは大切に続け、ノートを借り、テストのときだけは出席して単位をとりました。せっかく親が通わせてくれた学校。また、少なくとも最初の頃は学びに通った自分の時間を無駄にするのはもったいない。今学校にいけずに悩んでいる人も何か一つの気持ちだけ大切に目標に向かってみてください。「どんな手段を使っても卒業する」「時間は無駄にしない」なんでもいいと思います。一つだけがんばる気持ちをもって暮らしてみると、気づけば学校に足を運んでいるかもしれませんよ。僕自身は学校に行かないことに対してあまりなんとも思っていませんでした(でも社会人になってから9時から17時までの公務員の仕事でさえ通うのが辛いと思ってしまいます。学生時代から通う癖がついていればな。と、少し後悔することもあります。)学校なんて別にどっちでもいいんです。全ては自分が良い方向に進むよう。がんばってください!