40歳男 先輩に相談して克服

現在フリーランスで仕事をしているアラフォーの男です。
公立中学校から私立の高校へ行くことになり、科目数が増え、朝も早くなり、男子校で案外陰湿な空気でもあり、クラス変えになった高校2年生の時に友達から陰口が多くなって、学校に行くのが苦痛になりました。

そこから不登校気味になり、ゲームにハマっていました。
というのも内部進学の生徒と高校から入学した外部生との間に溝があって外部生は陰口の的になりやすかったです。

当時地元で学習指導のボランティアに所属していて、勉強を教えてもらっていました。
面倒見よく優しそうな大学生のお兄さんがいて、この人ならば相談乗ってくれそうと期待し打ち明けました。

返ってきた答えは
「無理に仲良くなろうとしなくていい」
でした。
孤独でもいいという意味とその時解釈してから、思い切って再度登校しました。

陰口は変わることはありませんでした。
でも今は1人でもいいと割り切ったことでだいぶ楽になりました。
先生は鈍感で、早く帰りたいのに廊下で雑談していたことにイライラしたのは今でもはっきりと覚えています。

最終的な解決は高校3年になると同時にクラス変えで仲の良い雰囲気で周りと打ち解けられたこと。勉強はほとんどできなかった。成績も落ちた。けれど学校が楽しかった。
自由に遊べる友達も出来て、冬だった学校生活に春が来た。

もっと勉強していた方が良かったかもしれないけれど、恐らくさほど成績は変わらなかっただろうし、意気消沈から治りかけだったので、楽しく日々を過ごすことが何よりも当時の自分には薬だったと思っています。

運が良かったのか、無事大学に進学は出来ました。点数は合格点とぴったりのギリギリでした。
そんな勉強があまり出来無かった自身が大学院を卒業して、塾の先生をするまでに成長しました。
時々不登校の生徒さんと接することもありますが、皆心優しい子ばかりです。勉強も中々理解出来ない子も多いです。
しかし苦しい時期を抜ければ必ず楽しい時期も来ます。

今となっては明けない夜はない、そう感じます。