26歳 男性 不安をぶつけて回復 うまくいってよかった

26歳の男です。私は大学3回生のときに、大学でのストレスが原因で大学に通えなくなり、1年ほど自宅に引きこもり不登校になりました。
ずっと家に引きこもってて、家族にも学費を払ってもらったので迷惑になるし、ずっと家にいることで近所からも変な目で見られていると思うと段々自分のことを嫌いになっていきました。少したってから、ずっと引きこもっていることを知った親戚のおばさんが訪ねてきて「無理しなくてもいいけど一度学校に行ってみたら?」的なことを言われました。正直最初は「自分のことなにも知らない癖に偉そうなこと言ってんなよクソババア」って頭の中で思っていました。けど、その一言がなぜか自分の頭の中に突き刺さって「でもおばさんの言う通り何とかせなあかんな」って思ってました。そこで、まず最初に、自分のストレスを吐き出すために、ビクビクしながら「心療内科」へ行ってみて頭の中真っ白になりながらも吐き出しました。涙と鼻水を出しながら、吐き出し、ちょっとだけ気持ちに整理がついたと思います。それからもちょっとずつ「心療内科」に通って、気持ちをうまく吐き出し、家に帰るという日々が続きました。
そんな日が続いたある日に、医者の先生から「少し学校に行く勇気が出てきた?」的なことを言われます。その頃には少し気持ちに整理がついてきてて、今やったら本当にちょっと学校を見に行くくらいならできるかなとちょっとだけ思いました。
そして、それから4日くらい経ったときに、意を決して大学に行きました。最初は建物に入る勇気がなくて、門を越えてすぐ帰ったりしてました。そこから、ちょっとずつ距離を伸ばしていって、大学の知り合いや教授にちょっとだけ挨拶したりして、なんとかうまくいったのかなといった感じでした。
そのときからもちょくちょく休んだりもしましたが、大学にも不安を相談できるカウンセラーの先生が居たので、その先生にも不安やストレスを少しずつ吐き出しながらうまく行けたのかなと思います。

もし、今不登校で悩んでいるのでしたら、最初は絶対怖いですが、誰かに不安やストレスをぶつけてしまうのがいいのかなと思います。私の場合は家族や親戚のおばさんにぶつけると余計に迷惑かかるとかどうせわかってくれないなと思っていました。それで、スマホとかで同じ悩みの人がいないのかなと思い調べてみたら、心療内科とかに通って相談してみたらいいですよとあったのでそれを不安になりながら実行してみた感じです。なので、誰かに思いっきり不安とかストレスをぶつけてしまうのがいいと思います。